--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告  TOP

2009/06/24

分裂回避か?

F1の公式サイトでリリースが出ました
まあ、英語を翻訳サイトで翻訳する限りの内容ですが
FIAの声明によると

・2年以内に、1990年代初期のレベルまでコストを下げること
・コンストラクターは、新チームに技術提供をすること
・2012年までのコンコルド協定を締結すること

以上合意をもって、モズレーは10月の会長選に出馬しない

というような内容のようです
ただ、FOTA側の声明が出ていないので
これが本当に同意に至ったのか?までは不明なんですけどね・・・
モズレー自身は、分裂は回避されたと発言したようですけど
F1の世界って、話が二転三転するので
本当かよ?って感じでしかないのですけどね・・・

これだけ見ると
これならFOTAは条件を飲むだろう
という希望的な判断で言ってる気もしなくもない・・・
FOTAのリリースがないのが異様に気になるんですよねぇ・・・

スポンサーサイト

タグ:F1

23:59 | F1COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

2009/04/13

スーパーアグリ伝説

F1参戦第3期をホンダは完全に失敗で終わった

ここに、1冊の本がある
『スーパーアグリ伝説』
F1ジャーナリスト・今宮雅子さんが
モータースポーツマガジンのWEBサイトでのSAF1のブログ
更にインタビュー記事などをまとめた本だ
ホンダがスーパーアグリに望んだものはなんだったのか?
明確なビジョンがあったとは
ホンダが撤退したことから、あったとは言えない
スーパーアグリは、琢磨の為に用意されたチームという事は
残念ながら事実であるというべきだろうと思っている
琢磨からシートを奪い、その批判を避ける為に
2006年F1参戦を兼ねてから狙っていた鈴木亜久里に
ホンダは『提案』したのだと、この本で語られている
そのホンダ本社は、フルサポートを明言していたが
ニック・フライは、自分のチームが弱くなる事を懸念し
スーパーアグリの撤退を望む事を公言するようになっていた
しかし、ホンダはそれを咎める事なく放置していたという事は
ホンダ自身がそれに同調していたことと同じ
つまりホンダは、琢磨を見捨て、スーパーアグリを見捨て
更にファンすらも見捨てたのだ
だから、私自身は今でも怒りがあります

ロス・ブラウンが、ホンダは悔しがっているというコメントを出している
少なくとも、現場で働いていたスタッフや関係者
エンジニアはそうだろうと思う
彼の言葉は、2008年を捨てて
2009年で結果を出す事を選んだはずのホンダと
この勝利を分かち合えなかったという事への皮肉であると思う
いくら、福井元社長が将来的にホンダがF1に復帰すると言っても
散々繰り返されてきたファンへの裏切りに
F1ファンが納得というか歓迎するとは到底思えないのだけど・・・

この本を読むと、本当にホンダには怒りしか沸いてこない・・・
スーパーアグリがいかに優れたチームだったか?もわかるけどw

23:48 | F1COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

2009/03/29

F1に帰ってこなくていいよ・・・

ホンダさん、マジで・・・

予選ではブラウンGPがフロントロウ獲得
なんと言っても予選1回目からタイムが違いすぎです
オンボード映像で見ていても、他のチームと違いすぎ・・・
本当にマシンのバランスいいのがわかりました。なんだこれ?
そしてレーススタートで、周りが付いていけてない
1週目で2秒近いタイム差が出るなんて異常な速さですよ
別次元すぎていて、笑っちゃいましたよ
スタートが失敗したバリチェロが2位に戻れるのも
オーストラリアGPは
抜きどころが少ないサーキットであるから
どれだけ速いかがわかるというもの

ヤフーに、やたらとメルセデスに変わったから勝った
とか、知ったかな人たちが多すぎてウンザリ
エンジン変わっただけじゃ、今のF1は勝てないっての・・・
シャーシがそれだけ優れているって事
エンジンが良くてもシャーシがダメなら勝てない
同じエンジン積んでいるマクラーレンが歯が立たなかった
というのが、何よりもの証拠
それに、今のV8エンジンはチーム間に大した差はない
規定で縛られているしね・・・
つまり、15ヶ月も開発をしてきた旧ホンダのシャーシが
優れていた証拠とも言えるのですよ
伊達に昨年のシーズンを捨てていた訳じゃない
今回のレースで、それが実証されてしまった

ホンダは、私の誕生日である12月5日に
その全てを捨ててしまった
F1界のいい恥さらしですよ・・・
ホンダはモータースポーツのほとんどを手放した
スポーツカーの開発も全て中止
F1がこういう結果になったので、二度と戻ってこなくていいですよ?
メーカーとしては嫌いじゃないですが
モータースポーツにおいて、あなた方を応援する気はありません
ファンを馬鹿にするなと言いたい
経営陣は、今回の結果を見てどう思っただろうね?

つくづく、ホンダは馬鹿だわ・・・

で・・・トヨタさん
トゥルーリがペナルティで降格処分とか
本当に今回のレースは何をしているんですか?(--;

ちなみに、新チームによるデビューレースでの優勝は
1977年アルゼンチンGPでウルフ・フォードWR1以来だそうで
新チームといっても、中身は旧ホンダだしなぁ・・・
この結果で
ヴァージングループが、更にお金出してくれるような状況らしいですし
この調子なら、スポンサーが付いてきそうですねぇ・・・

あとは、ディフューザー問題の白黒がついてからか・・・

21:10 | F1COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

2009/01/08

ぐぁ・・・

カワサキよ、お前もか・・・_| ̄|○
バイクレースの最高峰・モトGPの活動を休止するそうで・・・
ただ、こちらは休止なので収益が改善されれば復帰するので
何とか復帰出来るように頑張ってほしいものです
ただ、これで首切りとかあるんだろうなぁ・・・
まぁ、この景気だと経営が厳しいでしょうし
削れるところから削る=人件費が会社ですからね・・・
私は免許ないから何も貢献出来ませんし・・・(´・ω・`)

ホンダのF1撤退を皮きりに
ますます、日本のモータースポーツ界終了な感じが増してきましたね
ホンダに関しては撤退は間違いだと言う人も少なくありません
たしかに苦渋な選択なのはわかります
しかし、ホンダのDNAであり代名詞はモータースポーツのはず
ホンダ=F1というのが世界の認識があるのに
それをやめるという事がいいとは思えない
そういう意見のモータージャーナリストが多いのですよね
私もそれを凄く思うのですよ・・・
F1をやめたホンダが今後、何でアピールしていくか?
今は全く見えないです・・・

特にスーパーアグリを切り捨てた意味がわからない
HRF1に集中する為だと言ったのは他でもないホンダです
正確にはニック・フライですが・・・
ファンへの裏切り行為だという認識がどうしても強いのですよね
景気云々はこじつけとしか思えない
予算を削ってF1をやっていたスーパーアグリに対して説明がつかない
売却もキチンとされるか?売却先が現れるかも不透明ですし
ともかく第3期F1のホンダはともかく最低でした

23:54 | F1COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

2008/12/06

ホンダF1撤退

日本で最初にF1を参戦したのはホンダでした
バイクレースで世界の頂点を取ったホンダが
次はF1だと参戦したのは有名な話です
F1参戦当初、その独特なエンジン音や
バイク屋としてイメージが強いホンダを
どこもバカにしていた訳ですが
エンジニアの努力で優勝を勝ち取りました
その後、活動を休止し再びF1に戻った黄金期となる第2期
未だに破られていない記録がホンダにはあります
マクラーレンと組んだMP4/4での16戦15勝
レースのほとんどを独占した圧倒的なパワーは
全世界を魅了し日本にF1ブームを起こしました
これはアイルトン・セナの存在も大きいのですが・・・
そして再び休止して復帰した第3期・・・
優勝はわずか1回という不本意な成績
そもそも、第3期はワークス参戦の予定が
エンジンサプライヤーで参戦という事態から始まりました
BAT主体のBARとのコンビでF1に戻ったホンダは
F1が休止していた間に進化している事を痛感させられました
それから2チーム供給→ワークス化などを行いましたが
全く上手く行かないまま今日を迎えたのです

昨日の5日に発表されたのは、ホンダF1『撤退』でした
今までは『休止』だったんです・・・
つまり、復帰の予定はないという事なんですよね・・・
ここ数年は、琢磨の事やスーパーアグリの件で
ともかくイヤなイメージしか私にはありませんが
鈴鹿が来年復活するし
ロス・ブラウン体制が本格的に動き出すはずだからと
少なくとも、今年よりは期待出来るはずだと
もちろん行く気も満々でした
鈴鹿はホンダのホームグランプリですし
その鈴鹿にホンダがいないという事はショックですね・・・
しかも・・・私の誕生日にそれはないよ!(´;ω;`)
なんだかんだ言っても、やっぱり私はホンダが好きでした

ホンダのレーシングスピリッツはトヨタが引き継いでもらいたいと思います
少なくとも、ここ数年のトヨタは凄く進歩しましたし
見ていて以前のホンダを感じる時がありました
いつか、必ずF1の頂点へ
トヨタさん、期待してますよ!

23:47 | F1COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。