--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告  TOP

2007/09/08

らき☆すた秋祭り ずっと俺のターン?

仕事だから仕方ない事なのですが
別の部署や支社のミスや怠慢とはいえ
なぜ、怒られなきゃならないのか
こちらが誠心誠意謝っても許さないというか
納得してくれない人が多い訳で
お客さんの立場に立てば正論ではあるのですが
仕事をしている方にしたら
どうしたら良いかも判断出来なくなっていく訳で
私自身はいっぱいいっぱいで、社会人としてはどうよ?的に陥り
正直に泣きそうになりますし
むしろ、逆ギレしたくもなります
もちろん、これらの苦情や意見は全て上司に報告はしますけど
イヤな思いを引きずるので
精神的には苦痛でしかありません

人の事を言えないのは十分にわかっていますし
前に逆の立場だった時にどうだったか?を振り返ると
文句言うような立場ではないとも思いますが
相手の様子を見て「もういいよ」とか
例え苦情を言ったとしても
相手の誠意が見えたら一言言える人になりたいです
仕事している側も心苦しく思っている事がある訳ですし・・・

でも、人間というのは
その時の感情で我を忘れて
ふと心掛けようとしていた事をやらなかったりするんですよね・・・
まぁ、結局のところ
お客さんが望む誠意と
仕事している側の出来る誠意が食い違うから
お客さんに納得してもらえない訳なんですけどね
こういう事はどうするかは難しいです・・・
日々勉強ですね

仕事が終わってからアキバへ
そんな訳で、今日から秋葉原の各店舗で
らき☆すたフェア開催です
っ【http://www.comptiq.com/event/luckystar/news05.html
今回の目玉は、サイン会と公開録音です
公開録音の翌日にはあきら様のイベントもありますし
らき☆すたづくしの週末になる訳ですが
公開録音は応募は公式では終了してますが
12日まで@ニフティさんの特設ページで抽選で招待されます
抽選で5名ですけどね・・・
そして、今日は原作者・美水かがみ先生のサイン会の
参加券争奪戦でございます

で、アニメイト告知時点で先着40名
アニメイトまたやりやがったな・・・な状況
当然、徹夜組でアウトです
とらのあな
先着120名に抽選券配布、40名が当選の条件
仕事が終わった時間が時間なのでアウト
残るは3店舗の計120枚が実質の争奪戦の数に
とりあえず、ゲーマーズに行く事に
並んでいる最中にマイミクの多部田Pから連絡が来る
残りの参加券枚数を報告してくれる
私がクジを引く時点で残り1枚(ぇ

俺のターン!ドロー!ヽ(`Д´)ノ
っ【モンスターカード】(はずれ)

ギャー!

先に有隣堂に向かった多部田Pに連絡して再合流

俺のターン!ドロー!ヽ(`Д´)ノ
っ【モンスターカード】(はずれ)

ギャー!

しかし、引く時点で
がさごそ・・・
「あれ?」(´・ω・`)
すると、店員さんがニコニコしながら
「すいません、抽選券も残りわずかになってきたので~」
という事は?
それを聞いた時点で多部田Pが並ぶ
ハズレ、で・・・
「逝って来い」(・∀・)
・・・あい

俺のターン!ドロー!ヽ(`Д´)ノ
っ【アイテムカード】
ターンエンド!・・・あれ?

実は、私が引く前の人の段階で
抽選券残り3枚で参加券が残り2枚の状態
その方が当たったので
私の当選確率が1/2という状況になってたのです
「ほら、並んで正解でしょ?人に当てさせるのは得意だから」
とは、多部田Pの談
いや、マジであざーっす!m(_ _)m

しかし、その当選した参加券を見て更にびっくり
店員さんがニコニコしながら
「ちょうど100番ですね~。おめでとうございます」
・・・・・ぇ!?(  Д ) ゚ ゚
絶望した!こんなキリのいい番号に絶望した!
もう、これは死ぬしかないんです!そうに違いn(ぁ

製本完了!
新刊の冊数・・・お察し(ぇ
今回、サイズを思いっきり変えてみました
折るのがめんどくさいけど・・・(ぁ
値段は無料配布できるぐらいに抑えました
なので、コミケ同様に割引サービス実施しますヽ(´ー`)ノ

対象は
1.超売れっ子Pであること(アイマスはダメ)
2.真のリライタブルカード(要はカードの裏が真)
3.小鳥さんのスタンプカード(10店舗達成のもの)

をその場で提示してくれた方です
あとは、ちょっと最終仕込み(何?

参加される方は、よろしくお願いしますm(_ _)m

スポンサーサイト

23:26 | 雑記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



秘密にする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。