--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告  TOP

2007/09/15

マクラーレン、ポイント剥奪!

ここ数ヶ月、マクラーレンにフェラーリの技術が漏洩し
不正に利用されていたとして
フェラーリが訴えを起こしていたのですが
今季のコンストラクターズ=メーカーの選手権タイトルの
全ポイント剥奪という厳しい処分が下りました
幸いにドライバーのポイントは
今回、協議会に出席を求められ、アロンソが出席した事で
優遇処置として剥奪されずに済みましたが
これでフェラーリがコンストラクターズ首位になり
ドライバーはマクラーレンのドライバーのいずれかという事になりそうです

兼ねてからFIA(F1の主催団体)はフェラーリ寄りだと言われているのですが
不正に利用した事実はないという証拠を
マクラーレン側もマクラーレンのドライバーであるアロンソも
その事をハッキリと主張し、資料も提出したのにも関わらず
この裁定を下すというのは
疑わしきは罰せずという言葉を知らないのでしょうか?

まぁ、現段階での報道では納得し難い裁定でして
マクラーレンの主張ばかりが目立ち
フェラーリやFIAがどういう部分で違反があったか
あまりに不透明にでしか述べていないからに過ぎないのですが
どうも、その辺は明らかになるかわからない状況です
F1って、どうも灰色な部分がありすぎるんですよねw

もちろん、この裁定に対して
マクラーレンは不服としてスポーツ評議会に裁定を提出出来るので
まだしばらくは動向を見逃せません
来季もマクラーレンは選手権権利剥奪もありえる状況なので・・・

スポンサーサイト

23:33 | F1COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



秘密にする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。