--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告  TOP

2007/09/29

不安材料が出てきたぞ・・・

さて、今年はF1の観戦を取りやめて自宅観戦なのですが
早くも問題が色々と出てきました
まあ、1年目だから仕方ないとはいえ
ある意味、予測できていた事なのですが・・・

・ピットレーン入り口

超ロングストレートが名物の富士スピードウェイ
ほぼ真ん中あたりにピットへの入り口があるのですが
ここでの最高速は300キロ以上
そこからS字に入ってピットへ向かうことになっています
予選等では問題はありませんでしたが
明日の決勝レースでアクシデントが予測されているようです
ドライバーからその辺が指摘されているようで
来シーズンは改修する可能性が出てきました
ピットへの入り口が一番の危険コーナーというのは・・・w

・天候

今日の午前のフリー走行が事実上中止になりました
セッション時間がわずか5分程度
この地域は霧が発生しやすく天候も変わりやすいそうで
ある意味、富士の名物であります
しかし、これが災いして医療ヘリが飛べない状況になると
レースが出来ないという事態になる訳です
30年前も大雨だったそうで
当時は、決勝を棄権したドライバーもいたぐらい
今日の午前の状況で
最悪、日曜日に予選と決勝という変則GPも予定されていました
まあ、これに関しては鈴鹿でやってますが
問題は次・・・

・パーク&ライド方式

富士スピードウェイのサーキットへ入る方法は
各駐車場や駅からシャトルバスでの輸送という形になっています
関係者以外、車での出入りは禁止
これは、サーキットへの幹線道路が1本しかない為
周辺の交通事情を考慮した為なのですが
私自身、これが一番懸念していた事でして
思った通りの時間にサーキットに入れないという事態が
絶対に発生するだろうと思っていました
結果は予想通り・・・
21時現在で、未だにサーキットに残される人が出ています
雨の為に道路が陥没して動けなくなったとの事ですが
これって、あってはならない欠陥
今、フジのニュースでトヨタ&サーキット側からの
お詫びのコメントが読まれてましたが
グランプリ自体は概ね成功するかもしれませんが
周辺整備、対応が急がされるでしょう

もし、変則GPが組まれた場合
予選が見られない人が多く出た可能性が高いです
明日の決勝が見れないという人が出ないといいのですが・・・

鈴鹿と富士、個人的には断然鈴鹿なのですが
これというのも、サーキット周辺事情を考えてのことだったりします
地元の人々も協力して空地や
団地の駐車場を一般開放している鈴鹿
みんなで作ろうと言う意識が強いのに対し
富士はどうしても、地元の色が見えないんですよね
それというのも、サーキットから町の繁華街まで
かなりの距離があるというのもありますし
どうしてもトヨタの色が強く出すぎているからなのですが・・・

周辺にホテル設備は皆無
富士五湖周辺や箱根などと行った
サーキットに比較的近い場所は関係者などでいっぱい
この状況を打破しない限り
富士での日本GPは行きたくありません

さて、明日の決勝も雨の予報
どんなドラマが待っているか?注目です
明日の決勝は、フジテレビ系列はもちろん生放送

スポンサーサイト

23:49 | F1COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



秘密にする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。