--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告  TOP

2009/06/15

それでも続いていく

http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20090614-506321.html

私自身、プロレスファンという訳ではありません
深夜とかにテレビを付けてやっていると見たりする程度です
それでも、三沢光晴という人は知っていました
2代目タイガーマスク、プロレス団体・ノアの社長にして選手
プロレス界からすれば、大ベテランな訳ですし
13日の夜、Yahoo!のニューストピックのトップに
試合中に倒れ死亡の文字に
え?三沢って・・・プロレスの・・・だよね?ウソ!と衝撃がありました

プロレスはエンターテイメントだからシナリオがある
と言う人は少なくありません
確かに、シナリオがあるものがあるのかもしれませんが
殴り合い、蹴り合い、技を掛け合う訳ですから
怪我をする事もあれば、死に至る事もあるのですよね・・・
魅せる部分も少なくないのは確かかもしれませんが
ショーなどと言う言葉で、片付けてはいけないと思います

そして、このニュースにある最後の言葉
マットで死ねたら本望というのは
格闘技界からすれば常套句なのかもしれません
しかし
本人は本当にそんな事は思ってはいないはずです
もっといい試合を見せて、もっとファンを楽しませたい
そう考えると、無念だったかもしれないのですから
そんな事を不用意に言ってはいけないと思うのですが・・・
ファンも倒れて死ぬなんて姿は見たくはないはずですから
あの場にいた人のショックは相当なものだったと思います

悪ふざけでプロレスの技をかける人がいますが
プロでさえ、死んでしまうのですから
素人がやるなんて、もってのほかですよ・・・

プロレスをバカにするのも、素人が真似するのも
やめてほしいと改めて思いました

その翌日、予定通り福岡で大会が開催されたそうで
プロレス界やボクシングもそうだったと思いますが
亡くなった方へ冥福を祈る10カウントゴングというしきたり
というのも変かもしれませんが、行われたそうです

試合の対戦相手だった選手は三沢さんの遺影に泣いて土下座をしたそう・・・
彼は一生、この十字架を背負っていくのでしょうね・・・
彼を批判する人もいるようですが
直接的な原因が彼がかけたバックドロップなのかもしれませんが
責める事は出来ないと思いますよ・・・
ファン以上に、ショックを受けているのは、恐らく彼自身・・・
自分が死なせてしまったという意識があるはずですから・・・
それでも試合に出場し
ファンの前で三沢さんに土下座する姿を見せるなんて
並大抵の事じゃないですよ・・・

F1でセナが死んだ時、衝撃を受けましたが
当時、川井さんは目の前で起きた事にショックを受けながらも
「それでもF1サーカスは続いていく」
と言った事を思い出しました
何事もなかったようにするのは無理ですが
F1は以降、安全対策も凄く強化されていき、今も続いています

だから
三沢さんが亡くなっても、プロレスは続いていくんですよね・・・
残されたノアの選手たちや他のプロレス団体の皆さんも
三沢さんの分まで、プロレスを盛り上げる為に
突き進んでいってほしいと思います
TVでやっていたら、出来る限り彼らの活躍を見るようにしたいと思います
ノアの皆さん、頑張って!

スポンサーサイト

11:30 | 雑記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



秘密にする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。